認知症介護相談員とは!

認知症介護相談員は、日本臨床医学情報系連合学会及び日本認知症介護学会が共同して認定する資格です。
認知症介護相談員(普通資格)とシニア認知症介護相談員(シニア資格)の2資格があります。
この認知症介護相談員制度は、公的学術団体が、認定、認証する制度です。全国学術大会は、東京都又は神奈川で開催しますが認知症介護相談員は参加費は掛かりません。
地方の方は、全国学術大会に出席義務はありませんがレポート提出が義務づけられています。
是非、行政書士、介護福祉士等の方はご自分のスキルアップとして認定資格を取得して下さい。


認知症介護は、一般の介護と大きく異なります。それは、肉体のみの老化ではなく精神の老化が進むことです。肉体と精神の老化は本人はもちろん家族の心も蝕み環境を破壊して行きます。認知症の錦があり介護に努めるのとそうでないのとでは大きく全てが異なった結果を生んでしまいます。誰でもが認知症に罹患する可能性を持っています。決して他人事ではありません。


(認知症介護相談員の認定)
1 呼称資格:認知症介護相談員 主任認知症介護相談員 シニア認知症介護相談員
2 認定機関:一般社団法人日本臨床医学情報系連合学会及び日本認知症介護学会
3 認知症介護相談員の認定申請要件:
イ 行政書士登録3年以上の者又は特定行政書士経験1年以上の者
ロ 介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士で、福祉施設等で介護経験3年以上の者で当学会が指定する認知症介護相談員1種養成講座を修了した者
ハ 当学会が指定する認知症介護相談員2種養成講座を修了した者
② 日本医療福祉学会及び日本認知症介護学会の会員であること。
③ 前2項の要件を満たした者の申請により資格審査を行い合格した者を認知症介護相談員として認定し、「日本臨床医学情報系連合学会認定認知症介護相談員」の称号を付与します。

(取得後の義務等)
1、資格維持費用は、イ、年会費15,000円 ロ、全国学術大会、医療セミナーの参加費は約8000円
(懇親会に参加する場合は5千円)ハ、認定審査料、登録料等はかかりません。
2、そのほか、継続条件として、年1回開催される学会の全国学術大会に出席するか、またはレポート(A42枚程度)を提出する義務があります。医療セミナーに参加することで代替することもできます。または、ジャーナル投稿若しくは研究報告をすることも他の義務が免除されます。
いずれにしても認知症介護相談員は研鑽の努力が必要です。

※養成講座は通信制で受講料は8万円です。(分納制があります。)